風俗と性病は切り離せない?

どんなに対策してもなる可能性はあります

風俗と性病は切っても切れない関係だと思います。

 

風俗が性病の蔓延を促していると言っても過言ではないと思いますが、それでもなくならないのが風俗。

 

人間に性欲がある限り、風俗はなくなる事はないでしょう。

 

風俗に通い詰めている私の男友達の意見ですが、「風俗で働く女の子は皆定期的に性病検査しているから大丈夫」「イソジンで消毒しているから平気」「コンドームがあるから大丈夫」この様なとんちんかんな事を言っています。

 

全くどれも根拠のない話で、こんな事暢気に言っている人が危ないのです。

 

 

風俗に行けば、性病に感染する確率は絶対にゼロにはならないのですから。

 

性的なサービス内容としては、コンドーム有りの本番、ディープキス、フェラチオ、指入れ、素股等があります。

 

 

 

性病は粘膜から粘膜へとうつるものがほとんどですから、ディープキスやフェラチオ、素股など大半のプレイが該当します。

 

コンドーム有りの本番の方が性病がうつらないの?と思うかもしれませんが、そうとも限りません。

 

 

そもそもいきなり本番プレイなんてものがあまりなく、本番前にはそれなりの前戯があります。その行為でうつる事だってありますし、コンドームをつければ100%大丈夫という訳ではないのです。

 

 

性病って本当に怖い病気で、治療をすれば比較的早く完治するものから完治不可能なものまで幅広く存在ます。

 

 

特にエイズに関しては発症を抑える治療薬の開発は進んでいますが、未だに完治する方法は解明されていません。

 

感染してしまうと自分自身の一生の問題となるだけでなく、家族にも影響するような深刻な病気です。まずは当然ともいえる性病の定期検査、そして性病に感染しない様に予防する事を忘れないで欲しいと思います。